公的研究費の不正使用防止への取り組み

1.機関内の責任体制の明確化

本学の責任体制は次のとおりです。
最高管理責任者  :学長
統括管理責任者  :学科長
部局責任者    :事務局長
研究倫理教育責任者:研究委員長

2.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

ルールの明確化・統一化

法人事務局に事務処理手続きに関する相談窓口を設置し、公的研究費を一元的に管理しています。

関係者の意識向上

本学の研究に関する行動規範として、「夙川学院短期大学における公的研究費に関する指針」を制定しました。
>>【PDF】夙川学院短期大学における公的研究費の適正な使用に関する行動規範

調査及び懲戒に関する規程の整備及び運用の透明化

専任教職員就業規則第2章服務第34条及び第35条を適用しています。

3.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

大学戦略協議会において不正防止計画を策定・実施に取り組んでいます。
研究者からの相談窓口である法人事務局を、不正防止計画推進部署として設置しています。

4.研究費の適正な運営・管理活動

研究費管理体制(発注・検収等)を整備しています。
不正な取引に関与した業者に対しては、「研究費等の管理・監査のガイドライン」により本学との取引を停止することを定めています。

5.情報の伝達を確保する体制の確立

法人事務局を公的研究費の使用ルール等に関する相談窓口、及び「研究活動上における不正行為の防止及び対応に関する規定」により相談窓口としています。

6.モニタリングの在り方

理事長の命を受けた内部監査担当者により、モニタリング及び実地検査が行われており、必要に応じ、監事または公認会計士と連携をはかる体制を整備しています。