お知らせ

お知らせ

蔵書点検に伴う休館のお知らせ

2024年7月16日

図書館は、8月19日(月)~23日(金)蔵書点検の為、休館させて頂きます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。


実習・夏休み特別貸出のお知らせ(7/22~)

2024年7月12日


『怖い絵本』

2024年7月1日

7月は、夏におすすめ『怖い絵本』を紹介します。今回ご紹介する絵本は、日本を代表する人気小説家や画家たちが作った「怪談えほん」シリーズです。
人生で初めて出会う読み物である「絵本」を通じて、子どもたちに良質な怪談の世界に触れてほしいという願いから「怪談えほん」シリーズが生まれたそうです。大人も背筋がゾクッとするような言葉と絵の描写があり、暑い夏にヒヤッとしたい時におすすめです。

7/7(日)のオープンキャンパスにも展示しますので、参加される方は是非ご覧ください。


『雨の日が楽しくなる絵本』

2024年5月28日

雨の日は、気分がブルーになりがちです。でも、雨の日でも楽しむ方法はたくさんあります。
雨上がりに、しずくに陽光があたって草花がより綺麗に見えたり、雲間に虹が見えたりすると、自然から力をもらえた気がして「今日も頑張ろう!」と思えます。
今回は、雨でブルーな気持ちも吹き飛ばすような『雨の日が楽しくなる絵本』を集めました。

6月のオープンキャンパスにも、図書館おすすめの『季節の絵本』を展示しますので、参加される方は是非ご覧ください。


『お散歩に行きたくなる絵本』

2024年5月10日

5月は、『お散歩に行きたくなる絵本』を紹介します。
お散歩に行くと普段出会うことのできないものとたくさん触れ合って、五感も刺激され感受性も豊かになりますね。

今回は、晴れの日も、雨の日もお散歩が楽しくなるような絵本を集めました。
5月12日(日)と19(日)のオープンキャンパスにも展示しますので参加される方は、是非ご覧ください。


【授業】書評POPの作成と展示をしました

2024年2月7日

1/31~2/7の水曜日、こども学科  弘田先生の「子ども学ゼミ」の授業で、図書館を利用し各自おすすめする本の書評POPを作成しました。

学生さんは、自分がおすすめする本を一冊選び、印象に残った言葉や本の紹介文や感想をインパクトのある短い言葉で表現し、POPに書きます。手書きで絵も入れて、よりポップな感じに仕上がってきました。

華やかでカラフルなもの、キャッチコピーのように言葉で勝負しているものなど、どれも皆さんの得意分野を活かし、読んだ人の心に響くもので、素晴らしい!✨✨✨です。

1人ずつ前に出て、自分がその絵本を選んだ理由と書評POPの工夫したところなどを発表しました。

食育やリサイクル等の「学び」に関する絵本、家族愛をテーマにした絵本、大人が読んでも心に響く絵本など、どれも良い絵本ばかりでした。子どもたちの成長を促すようなものも多く、園児への温かい想いも伝わってきました。

どれも、おっ!と目を惹くようなクオリティーの高い書評POPになっています。

是非、弘田ゼミの学生さんが作成されたPOPを見て、おすすめの絵本を手に取ってください。あなたのお気に入りの1冊📕が見つかるかもしれません。

来週から、いよいよ後期の試験が始まります。課題提出や試験勉強もラストスパート!🏃是非頑張ってください。その後は1年生は、保育実習が始まりますね。

2/12(月)からは、実習、春休み特別貸出もスタートしますので、お気に入りの本はお早めに貸出してくださいね。

忙しくなりますが、体調に気を付けて乗り切ってください。陰ながら応援📢しています。🍀


【授業】紙芝居のグループ実演を行いました

2024年2月1日

今週の水曜と木曜、こども学科  弘田先生の「保育内容・言葉Ⅱ」の授業で、図書館を利用し紙芝居のグループ実演を行いました。

学生の皆さんは、弘田先生が選定された約50冊の紙芝居の中からグループでお気に入りの1冊を選び読んで、その中に込められたテーマを探ります。

弘田先生の課題「何歳児向けか」「どんな場面で読む想定か」「この紙芝居の面白いところ」「紙芝居を読む際に工夫したこと」を考え、みんなで話し合いながら練習をしていました。

その後、みんなの前で交代しながら実演タイムです。グループで話し合ってまとめた課題「どんな場面で読む想定か」などを発表して、スタート!

さすが✨どのクラスのみなさんも『演じ手』となり言葉を大切に感情をこめて、上手に工夫をしながら読んでいました。素晴らしかったです!👏

紙芝居は、『芝居』というその文字通り読む人が『演じ手』となり、登場人物になりきって、声のトーンを変えてみたり、間をとったり、声の強弱や読み方のスピードなど変化を付けると面白さが伝わりますね。また、紙芝居は絵本とは違って文字が無く、絵と声だけで読み進めていくので、まさしく読み手がカギを握っています(笑)。

紙芝居の抜き方も、『すばやく抜く』『ゆっくり抜く』『ここまで抜く』と色々ト書きにご指示があるので、あれこれやることが多く忙しくコツがいります。紙芝居って結構上級者レベル★★★★★で、難しいですね。

今回は、木製の紙芝居舞台を使って実演し、演じ手の学生さんと聞き手の子ども役の学生さんが紙芝居の作品を通じて、お話の世界観を共有できたように思いました。子ども参加型の紙芝居も人気で、クラス全体に一体感が生まれ楽しい時間となりました。

みなさんの紙芝居を見せていただいて、私も改めて紙芝居の面白さを感じました。そして楽しく貴重な時間を共有させていただき、ありがとうございました!

これから、課題レポート作成や後期の試験勉強に忙しくなりますが、頑張って乗り切ってください。参考資料で本が必要な時は、サポートしますのでいつでも図書館に来てくださいね。お待ちしています!


【お知らせ📢】実習・春休み特別貸出について

2024年1月30日

図書館では、学生のみなさんに実習や春休み期間にたくさんの本📚に触れ、学びに役立てて欲しいという思いから『実習・春休み特別貸出を実施します!どうぞ、ご利用ください。

 


蔵書点検に伴う休館のお知らせ

2024年1月16日

図書館は、2月19日(月)~26日(月)蔵書点検の為、休館させて頂きます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。


メンテナンスに伴うOPAC(蔵書検索)サービス一時停止のお知らせ

2023年12月11日

皆さまへ

OPACサービスサーバーのメンテナンスに伴い、
以下の時間帯においてOPACサービス(蔵書検索)が停止いたします。
ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆サービス停止期間:2023年12月26日(火)21:00-26:00(最大)