学長挨拶

夙川学院短期大学 学長 岡崎 公典

  心の豊かな保育者・教育者を育てる

   夙川学院短期大学 学長
   岡崎 公典 おかざき きみのり

 
夙川学院短期大学は、創設者の「徳の高い人間を育成する」という想いを受け継ぎ、「愛と誠実」「清新な学識」を教育理念にかかげて、今日までおよそ3万4千人に及ぶ卒業生を社会に送り出してきました。また、児童教育学科は、その前身である保育科が設置された1966年以来半世紀もの間、児童教育の名門として多くの保育士や幼稚園教諭、小学校教諭を輩出してきました。
専門知識や技能、豊かな人間性も育成する充実したカリキュラムをもつ本学で学ぶ学生のみなさんが、長い歴史の中で培われた保育・教育現場との信頼のネットワークを活かして、将来、心の豊かな保育者・教育者として社会に羽ばたくために必要な確かな礎を築かれることを確信しています。
保育者・教育者は、子どもたちが成長していく過程で、傍に寄り添いながら、成長を助ける役割と責任が期待されています。私たち教職員一同は、学生の皆さんが一人前の保育者・教育者に、そして一人前の社会人に成長していく過程で、寄り添いながら、ある時はじっと見守り、またある時はあたたかく励まして、支えていきたいと思っています。